自身の安全の為に自転車保険に加入しましょう

ファミリー
パスポートと飛行機

海外滞在の安心のために

海外旅行保険は、長期間の海外滞在時に最も不安の大きい現地での医療を、キャッシュレスで受けられる点が大きなメリットです。また、トラブル時に日本語で対応してもらえる点も大きなメリットのひとつとなっています。

カウンセリング

お金のプロに会おう

お金の悩みは、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。家を建てる場合には、住宅ローンの組み方や返済可能か否か、適切なローン返済額の算出など、様々なアドバイスを受けることができます。現状だけでなく、人生を見通したプランを立ててくれるので、不安は解消されるでしょう。

婦人

保険加入のメリットとは

自動車保険は自賠責は対人賠償のみの補償ですが、任意保険の場合は本人の補償やロードサービスなど幅広い補償内容な上に、事故が起きた際に被害者との賠償交渉などもしてくれます。また、車を所有していない人でも1日から加入できる短期保険もあります。

自転車に伴う損害の補償

自転車

補償範囲の広い保険

近年では自転車による事故が急増しており、歩道で走ることを禁止されたり、ヘルメットの着用を推奨されるなどされていますが、これに加えて国や自治体が自転車保険の義務化を検討しています。この自転車保険は損害保険会社が取り扱う商品で、加入すると自転車に伴う総合的な保障が受けられます。例えば自動車保険の中に自賠責保険がありますが、これは補償範囲が他人のみで、自分が怪我したり、車が損壊しても自費で賄う必要があります。しかし、自転車保険の場合は補償範囲が広く、自分が怪我した時でも治療費をカバーする障害補償があります。また、第三者にぶつかって怪我をさせた場合でも、障害保証金をカバーする個人賠償責任補償が付いており、万が一の場合でも安心できる内容となっています。しかし、この自転車保険、実は自転車に伴う損害でなくても補償される内容で、名称はそのままですが非常に幅広い状況でも対応できる保険というのが実状です。対応する乗り物は自転車に加え、原動機付き自転車や自動車、身体障害者用車いす、ベビーカーなどの交通乗用具で、その他にも船舶やエレベーターなども含まれるのです。つまり自転車専用のプランではなく、自転車を使用するが加入するのに向いている保険と言った方が正しいかもしれません。補償範囲が広いのがメリットですが、範囲が広い保険というのは得てして料金が高くなりがちですが、自転車保険はかなり安価で加入できるようになっています。保険会社によって料金はかなり違いますが、安いところなら月々500円以下で利用できるので、心配な人は加入を検討してみましょう。